振袖の着付けに必要なアイテムのご紹介

振袖の着付けには何が必要か?

こんにちは。
宇都宮に嘉永元年から続く呉服店kimonoしゃなりの渡辺です。
いよいよ今年も成人式が近いてまいりましたね。

今回は振袖の着付けに必要なアイテムのご紹介です。

基本的にお振袖も普通の着物と同じで
お振袖、帯、その下にお襦袢を着るというのは皆さんご存知の方が多いと思います。
そしてそれを着る為には複数のアイテムが必要になってきます。
着付けに対して「面倒くさい」と感じる方が多いのも、この道具の数々が関係しているのかなと思います。

では早速そのアイテムを紹介いたしますね。

腰紐、コーリンベルト、伊達締め、前板、帯枕、三重ゴム紐、襟芯など
こちらは最低限必要な同具です。

その他装飾も兼ねた帯締め、帯揚げ、お振袖には重ね襟。

ヒップパッドはあったほうがいいですが、どうしても手に入らなければタオルで代用可能です。そしてこのタオルが着付けを美しくするのに、とても重要なアイテムになります。

着付け道具勢ぞろい

こうして書き出してみると確かに沢山道具が必要ですね。(笑)
いっぱいアイテムが必要です。

ただこれらのものは近代になり、いかにお着物を美しく、着崩れなく着る為のアイテムになります。
一度揃えれば、頻繁に買い替える必要もなくお振袖以外、例えば他の着物や浴衣にもお使いいただけるものも多いです。

お振袖とそれ以外の着物で違うアイテムといえば、三重ゴム紐くらいでしょうか?あとは帯枕のサイズが違うくらいであまり着付けに必要なアイテムは変わりません。
三重ゴム紐はお振袖の帯を華やかな飾り結びするのに使うのでお振袖の着付けには必要になってきます。

帯が長くなり、帯結びの種類が多くなった現代の必須アイテム、三重ゴム紐。

これらのアイテムを使い、時には二人がかりで着付けをするお振袖は手間もかかり、同時にお嬢様ご本人も大変な部分があるかもしれません。

だからこそ、お振袖の価値がある!

普段の着物とは違いお振袖はまず一人で着付けるものではありません。
かつての日本ではおばあ様やお母様ご親類の方が、現代では着付け師など技術を持つ者がお嬢様に着付けをします。

着物は私達日本人の民族衣装です。

さらにお振袖は未婚女性の正式礼装です。
成人式をはじめ、お振袖を着る機会はいずれも正式の場や、おめでたい場、華やかなシュチュエーションです。

数々の方の手を借り、様々なお道具を使い着付けるお振袖には、それに関わった人全てと喜びを分かち合うことができるのです。

お振袖のお嬢様の周りには自然と人が集まります。
お嬢様を通して、お振袖を通して実に沢山の人たちが笑顔になりますね。

着付けアイテム別選び時のポイント

しゃなりではお振袖の着付け道具セットもご用意しております。しかしママ振などで足りない着付け道具のみ購入する際、特にネットでのご購入時の注意点をご説明いたします。

腰紐
モスリン素材の平紐タイプがお勧めです。滑りにくく、身体に食い込みにくいので使いやすいです。たまに余り布などでお手製のものをお持ちの方がいらっしゃますが、素材によってほどけやすかったり、厚みが出てしまうので市販のものをお勧めしています。
サイズは一般的なものと長尺タイプがあります。体型や用途の合わせ使い分なさってください。

コーリンベルト
両襟先をとめ襟が開いて着崩れるのを防ぐアイテムです。
ゴム素材でさらにアジャスタ付きなのでお振袖から浴衣まで幅広い着付けに対応することができます。アジャスター付きですが、こちらもMサイズ、Lサイズがあります 

伊達締め
しゃなりのお振袖着付けでは手で締めるタイプ(ポリエステル素材)とマジックタイプの伸縮タイプの伊達を2本を使用して着付けいたします。ポリエステルタイプは並尺と長尺のサイズ展開があります。
紐をうったおはしょりの裾を抑えきれいにまとめるのに必要なアイテムです。

前板
帯に入れて芯の役割をします。帯のラインがきれいに出て着付けが美しくなります。後ろ板という少し小さめの板もあるのでネット購入の際は気をつけてください。

帯枕
お振袖用とその他の着物用で少し方が違います。成人式のお振袖着付けで飾り結びをするため、振袖用の帯枕を使用してください。またご自宅にある帯枕にガーゼ紐が付いていなければ、ガーゼを新たに付ける必要があります。ガーゼはホームセンター等で購入可で、枕に合わせハサミでカットして使います。

三重ゴム紐
殆どの呉服店、ネットで購入できます。主に成人式のお振袖着付けに帯の飾り結びをするためのアイテムです。大人の方の浴衣の変わり結びに使うこともある便利なアイテムです。

襟芯
長襦袢の襟に通し、襟を固く張りを与え、衣紋を抜きやすくしたり襟の形をきれいに整え保つ役割があります。ですので、あまり柔らか過ぎるものより、固めのものの方扱い安いです。プラスチック製や、固めの素材がお勧めです。

こちらのブログでも、お振袖の小物について詳しく紹介しています!
振袖を着るのに必要な小物ってどんなの?

まとめ

長襦袢の襟に通し、襟を固く張りを与え、衣紋を抜きやすくしたり襟形をきれいに整え保つ役割があります。ですので、あまり柔らか過ぎるものより、固めのものの方扱い安いです。プラスチック製や、固めの素材がお勧めです。

こちらのブログでも、お振袖の小物について詳しく紹介しています!
振袖を着るのに必要な小物ってどんなの?

Kimonoしゃなりは日本最大級の振袖専門店グループ
日本きものシステム協同組合の正規加盟店
栃木県宇都宮市、鹿沼市、日光市、さくら市、矢板市、那須烏山市、
那須塩原市、大田原市、塩谷町、高根沢町、那須町等、
多くの地域のお客様にご利用いただいております。
創業152年の着物・振袖専門店として
皆さまから愛される店づくりをモットーに
これからも努めさせていただきます。

株式会社福田屋呉服店グループ
Kimonoしゃなり
栃木県宇都宮市大通り1-1-19
TEL:028-622-4329

スタジオかれん 宇都宮本店
栃木県宇都宮市大通り1-3
TEL:028-623-0753

スタジオかれん 乃木神社参道店
栃木県那須塩原市新南163-580
TEL:0287-39-0753

COCON NIKKO 日光着物レンタル
栃木県日光市石屋町404番地2
TEL:0288-25-6625

楽天市場きものしゃなりすと


—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆—–☆

KIMONOしゃなり最新ブログはこちらからどうぞ!
成人式にお役立ていただける情報をご紹介しております。

関連記事一覧