振袖を着て結婚式へ!振袖選びのポイントと知っておきたいマナーのまとめ

三寒四温。
だんだんと木々のつぼみが膨らんできたこの季節、大切な人から結婚式へのご招待が届く方もいらっしゃいますよね。Kimonoしゃなりでも、今月に入り着付けご予約の申し込みが増えてきました。

タイムリーな時期に合わせ、今回はそんな結婚式への振袖マナー、ちょっとしたポイントを分かりやすくまとめてみました。


結婚式で振袖を着たい!

ご兄弟、ご親戚、大切なお友達の結婚式に振袖を着てお祝いしてあげたい!というお声、お客様からよく相談をいただきます。

「未婚なら何歳まで振袖着ていいの?」
「白の振袖は結婚式にはタブーなの?」
「成人式と同じようなヘアやネイルで華やかにしていいの?」

せっかくの結婚式、新郎新婦やそのご家族にも喜ばれる振袖マナーをおさえておきたいものです。

まず肝心なのは、主役はもちろん新郎新婦!
ふふふ、もちろん分かっていますよね。
主役級になりすぎない(笑)ド派手になりすぎない(笑)、お祝いの宴に相応しい振袖の装いを心がけましょう。

「未婚なら何歳まで振袖着ていいの?」

その昔、未婚の女性が男性からの求愛に答えるときに袖を振るという由来から「振袖」=未婚女性のきもの、となりました。現代風に言うと「告られ」たら、女性が袖を前後に振ったり左右に振ったりでOKかNOの返事をするという。なんとも風情のある話ですよね。

という事は・・・
未婚なら年齢関係なくずっと振袖でいいとは思います。

とはいっても、実際は振袖の華やかな文様は10代~20代に一番似合うように染めているデザインが多くあります。大きな柄行きやカラフルな染文様、ゴージャスな袋帯のコーディネート…。

アパレルブランドでも、その年代でとても似合うようにターゲットが決まっているのと同様、振袖も一番旬な時期は肌艶がもっとも綺麗な20代前後ですよね。

それと同じように、二十歳前後で既婚された女性はぜったい振袖は着ちゃダメかというと(そんな法律もありませんし笑)、ご自分がそして相手の新郎新婦さんもご理解あるなら着ても良いのではないでしょうか。レストランウエディングやガーデンウェディング、貸切りハウスウェディングなど今やスタイルも様々です。「既婚は絶対振袖着ちゃいけない」という風習も少しずつ薄れているのもあります。でも、少なからず「未婚女性=振袖」と考える人もいるということだけは忘れないようにしましょう。

「結婚式タブーな振袖の色ってある?」

あくまでも結婚式の主役はもちろん新郎新婦です。
花嫁さんが着物を着る場合は、必ず色を確認しておきましょう。花嫁さんよりも目立ってはいけないので格は控えめに、色は被らないよう配慮するのがマナーです。

振袖選びのお客様の中に「白は新婦と被るから結婚式には着ていけないんですよね」とのご質問があります。花嫁さんのウエディングドレスや白無垢と同じ色だからでしょう。

ただ、花嫁さんは白のドレスばかりでなくカラードレスの着姿もよく目にします。「白」の振袖を避けるよりも、今はどちらかというと「黒」の振袖を避ける方が無難かもしれません。新郎新婦のお母様やご親戚の方々が「黒留袖」を着るので、それを考える方が多いですね。最も正装の色=「黒」なので、その格より控えめにというと、一般参加者は違う色の振袖のほうが適しているといえるでしょう。

華やかにコーディネートしていいの?

自分の二十歳のお祝いは「主役」として華やかにコーディネートしましたが、成人式とは違い、ネイルやメイク、アクセサリーなどは基本控えめにしましょう。

ネックレスやブレスレット、イヤリングなどは基本身につけず上品にコーディネートすることをおすすめします。

指輪はつけていても大丈夫ですが、振袖を傷つけてしまったり帯の糸にひっかかってしまう場合もありますので、尖ったデザインなどのは避けるといいでしょう。

髪型は振袖に似合う華やかなセットがいいと思います。ド派手にならない雰囲気で髪飾りもほどほどに、コーディネート楽しみましょう!

食事の時に気をつけたいこと

振袖を着て食事をすることに慣れていない方は多くいらっしゃますよね。

遠くのものを取ろうとするとき、床に落ちたものを拾うとき、そのままいつもと同じように動いてしまうと長い袖が汚れてしまうものです。まずは袖を気にして、両袖を片手に預けながら動作をしてみましょう。

そして大切な振袖を汚したくはありません。飲食の際は大き目のハンカチを衿元や帯にはさんで、ナフキンを膝の上に置いておくと安心です。

椅子に座るときはあまり深々座らず、椅子の半分くらいの場所にお尻をのせ、姿勢も背筋を伸ばして両袖をきちんと膝の上にたたむといいですね。

もっと詳しくはこちらのブログ「振袖を着たときのマナー編」でも紹介してますのでチェックしてみてください!

まとめ

大切な人の結婚式、せっかくなら自分のお気に入りの振袖を着てお祝いしてあげたい!

とても素敵なことだと思います。
ドレスなどよりも振袖は着付けやヘアセットなど時間とお金がかかるものです。それでも相手の一生に一度の大切な記念日に、振袖を着るというチョイスは正式な場に最もふさわしいベストな装いです。
立ち居振る舞いやマナーさえしっかり把握しておけば、新郎新婦さんも喜んでくれると思いますし、そのご家族様も嬉しく迎えてくれるでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
Kimonoしゃなりでは、専門のスタッフが振袖選びのご相談から、前撮り撮影、成人式当日への準備、着付け小物やご着用後のお手入れの事にいたるまで振袖に関するあらゆるお悩みやご相談を無料カウンセリングで承っております。
まずはお電話にてご連絡おまちしております。
成人式・振袖無料相談会のご案内はこちらから


栃木県宇都宮市の振袖きもの専門店、Kimonoしゃなりマネージャー千夏でした!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Kimonoしゃなりは日本最大級の振袖専門店グループ
日本きものシステム協同組合の正規加盟店
栃木県宇都宮市、鹿沼市、日光市、さくら市、矢板市、那須烏山市、
那須塩原市、大田原市、塩谷町、高根沢町、那須町等、
多くの地域のお客様にご利用いただいております。
創業152年の着物・振袖専門店として
皆さまから愛される店づくりをモットーに
これからも努めさせていただきます。

株式会社福田屋呉服店グループ
Kimonoしゃなり
栃木県宇都宮市大通り1-1-19
TEL:028-622-4329

スタジオかれん 宇都宮本店
栃木県宇都宮市大通り1-3
TEL:028-623-0753

スタジオかれん 乃木神社参道店
栃木県那須塩原市新南163-580
TEL:0287-39-0753

COCON NIKKO 日光着物レンタル
栃木県日光市石屋町404番地2
TEL:0288-25-6625

楽天市場きものしゃなりすと


関連記事一覧